打ち込みでメロディーを作る過程!これだ!って思ったらノリノリになる菅波の様子

楽曲制作風景を公開して行くシリーズ。

今日はメロディーの打ち込みをしています。

菅波は始めにメロディーを打ち込みます。頭の中でコードは鳴っているのですが、それが正解かわからない、というかむしろ思いがけないコードがついても楽しいので、あえてコードをつけません。

そこからルート音という、コード進行の骨組みの音を決めていきます。バンドだとベーシストが「歌を支えてる」ときに弾いてる、アレですね。明るくしたり、暗くしたり。ここが工夫のしどころです。

ルートが決まったらメロディーとルートの間の旋律を決めていきます。そこまでいって、またルートを変えたりメロディーを変えたりと更に手を加えて完成します。

今日のDAWはこれ。音が良い!

PreSonus Studio One 4 Amazon

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事