ゆらゆら帝国の「発光体」と「ゆらゆら帝国で考え中」がおれの人生をロックに導いた話

ゆらゆら帝国(ゆらゆらていこく)はスリーピースのロックバンド。坂本 慎太郎、亀川 千代、柴田 一郎の三人が生み出すサイケでロックンロール且つ歌謡曲を感じさせる音楽性によってロック好きが震えたバンド。後期、どんどんわかりやすいエモみを排除していって、最終的にとんでもないところまで行っちゃったバンドです。今日はゆらゆら帝国の名曲「発光体」と「ゆらゆら帝国で考え中」について語りたいと思います。

1998年ファーストシングル「発光体」で弟子入りした

イントロで聞こえるビンビンしたギターサウンドを「ファズ」と呼ぶのですが、こういうファズに自分が初めて出会ったのはゆらゆらです、おそらく。もっとグオー、みたいなダークなファズはグランジでよく聴いていましたが。

この引きちぎれそうなビンビンファズに出会ったことで毛羽だった様な壊れたファズの音色の虜になりました。そして今までずっとファズを愛することに至ったわけです。なので勝手に坂本さんに菅波が弟子入りしたのが、1998年のことなのです。

歌詞が良すぎてありがとうございます

“搾って ぼくの真っ赤な血を全部
乾かして汗も涙も血も全部
もう一度 頭搾ってにじみ出てきた緑の液体が
ぼくの全てさ バカだろ?”
ゆらゆら帝国「発光体」より引用

これですよ。演奏とメロディーを合わせて聴くとよりヤバイです。”バカだろ?”でコードが暗くなるのとか最高。。。

これは実にいろんな技術が駆使されてます。坂本さんの歌詞の高評価ポイントに「エロい」っていうのがありますが、どんなワードをチョイスするか、そして逆にどのワードを省けば妄想がはかどるか、そこはかとなくシュールで不条理なことも大事。。。という要素をミックスする技術が飛び抜けてましたね。

黄金期の洋楽ロックはそもそもダブルミーニングでエロを歌詞に潜ませてきたわけですが、ゆらゆら帝国を筆頭に日本のロックがそれを超進化させたと思ってます。エロを通り越してカオスな脳内映像まで達するわけですから、エロよりヤバイです。

菅波の3大ロック栄養素

90年代後期、わたくし菅波はゆらゆら帝国、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、Blankey Jet Cityを入れ替わり立ち替わり聴いて、日本のホンモノのバンドがぶちまけるロックンロールやブルースを吸収していたわけです。そしてこの人たちが編み出したロックに日本語を載せるための手法が、それぞれ違うながらも「具体性をギリギリまで省く」ことだったと思います。それによって生まれる、独特の映像的な世界。このやり方は自分も影響を受けていて、THE BACK HORNにおいて映像的な歌詞を書くときにはモロに影響が出ています。

そして「引き算」によってオリジナリティを生み出すあたり、日本人らしくてめちゃくちゃ良いなと思います。

話を戻すと「ゆらゆら帝国で考え中」がパーフェクトすぎた

この曲はギターサウンド的には軽快なのですが歌詞の「突き抜け感」によってポップ好きとコアなロック好きを両方喜ばせちゃったテクニシャンな曲です。菅波はクセになりすぎてもう延々リピートし続けて一時期頭がおかしくなりそうでした(いい意味で)。「中毒性がある」という褒め言葉がありますが、まさにゆらゆら帝国の楽曲はとんでもない中毒性を持っています。音と言葉の組み合わせの妙なんですよねえ。そのセンスは坂本 慎太郎さんのソロプロジェクトの楽曲においてもいまだ健在。

アルバムはこちら「ゆらゆら帝国 III」

一気にロック好き以外にも刺さったロックでしかない曲でいえばBlankey Jet Cityの「赤いタンバリン」もあります。菅波が高校生の頃は自分含めみんなカラオケで歌っていました。

頭の中で爆音が鳴ってるから聞こえねえよ

まだまだ語り足りないのですが今日は「発光体」と「ゆらゆら帝国で考え中」の2曲を紹介して締めたいと思います。最後にこの歌詞をおいておきます。

“何時電話しても
居ないって言うけど
頭の中で爆音で音楽が
鳴ってるから聞こえねえよ”
「ゆらゆら帝国で考え中」より引用

ここの歌詞です。。。この状態こそがロックを演奏してるときの状態だと思うんです。。。なので自分はこの歌詞のようなロックに没頭した状態になるために様々な奇行を繰り返してきたのかもしれません。。。

また機会があればゆらゆら帝国の楽曲を紹介したいと思います!それでは!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事